Grandcross official Logo mark
1

12:00:00

アラーム

【musician】Grandcross official alternativerock hardrock おすすめ エッセイ集




日記
music API
music video API
music audio
music video
小論文集
フォトギャラリー
聖書年表
商取引法に基づく表記と決算報告
ストーリー「ラブエンジェル」
アルマゲドン物語
apple music(洋楽)
apple music(邦楽)
talkk time
yahoo shopping page

スマホページ

長調、短調、スケール
音楽の記号、符号、リズム符
環境や医術について
アルマゲドン物語
Love angel
インターネットプロトコル
トランプ
手術
ピンポン録音~著作権
アナログモニター
料理一口メモ
楽器のエフェクター
コンピューターグラフィック
core
ドライブ回転
英語
EXTRA、雑学
ギターテク
アルファベットの筆記体
事件
飛距離を競うもの
環境問題
経済、経営組織論
キーボード、タイピング
麻雀
赤富士(幻想)
拉致被害者
社会
水泳
DNA、再生医療
貿易黒字

長調、短調、スケール、#、♭(click here)


ドからオクターブ上のドまで半音13個、白い鍵盤8個で、ミとファのの間には黒鍵がない。白黒白黒白白黒白黒白黒白白の順
メジャースケール(長調:長3度)は、主音、全音、全音、半音、全音、全音、全音、半音
マイナースケール(短調:短3度)は、主音、全音、半音、全音、全音、半音、全音、1音半
ハーモニックマイナースケールは、1音半づつ、ディミニッシュは主音長3度から1音半づつあがる。
ミの#はファ、シの#はド。ファの♭はミ、ドの♭はシ。

C:ハ長調=イ短調。ドレミファソラシド=ラシドレミファソラ



#はファから4度下5度上4度下5度上4度下のようにつける。フラットはシから4度上5度下4度上5度下とつける。
最後に#がついたところが(シ)(主音から7度上)になる。最後に♭がついたところが(ファ)(4度の音)になる。


(8) G、ト長調=Em、ホ短調、ソラシドレミ(ファ#)ソミ(ファ#)ソラシドレミ
(3) D、ニ長調=Bm、ロ短調、レミ(ファ#)ソラシ(ド#)レシ(ド#)レミ(ファ#)ソラシ
(10) A、イ長調=F#m、嬰ヘ短調、ラシ(ド#)レミ(ファ#)(ソ#)ラ(ファ#)(ソ#)ラシドレミ(ファ#)
(5) E、ホ長調=C#m、嬰ハ短調、ミ(ファ#)(ソ#)ラシ(ド#)(レ#)ミ(ド#)(レ#)ミ(ファ#)(ソ#)ラシ(ド#)
B、ロ長調=G#m、嬰ト短調、シ(ド#)(レ#)ミ(ファ#)(ソ#)(ラ#)シ(ソ#)(ラ#)シ(ド#)(レ#)ミ(ファ#)(ソ#)
(7) F#、嬰へ長調=D#m、嬰二短調、(ファ#)(ソ#)(ラ#)シ(ド#)(レ#)(ミ#=ファ)(ファ#)(レ#)(ミ#=ファ)(ファ#)(ソ#)(ラ#)シ(ド#)(レ#)
(6) F、ヘ長調=Dm、ニ短調、ファソラ(シ♭)ドレミファレミファソラ(シ♭)ドレ
(11) B♭、変ロ長調=Gm、ト短調、(シ♭)ドレ(ミ♭)ファソラ(シ♭)ソラ(シ♭)ドレ(ミ♭)ファ
(4) E♭、変ホ長調=Cm、ハ短調、(ミ♭)ファソ(ラ♭)(シ♭)ドレ(ミ♭)ドレ(ミ♭)ファソ(ラ♭)(シ♭)ド
(2) D♭、変ニ長調=B♭m、変ロ短調、(レ♭)(ミ♭)ファ(ソ♭)(ラ♭)(シ♭)ド(レ♭)(シ♭)ド(レ♭)(ミ♭)ファ(ソ♭)(ラ♭)(シ♭)
(7)

G♭、変ト長調=F#、嬰へ長調、E♭m、変ホ短調=D#m、嬰二短調。(ソ♭=ファ#)(ラ♭=ソ#)(シ♭=ラ#)(ド♭=シ)(レ♭=ド#)(ミ♭=レ#)(ファ=ミ#)、(ミ♭)ファ(ソ♭)(ラ♭)(シ♭)(ド♭=シ)(レ♭)(ミ♭)


(13)補足:#7個のC#(嬰ハ長調)=D♭(変二長調)(シの#はド、ミの#はファ)、♭7個のC♭(ハ長調)(ファの♭はミ、ドの♭はシ)はB(イ長調)と同じ。

最初に使うコードがキーになることが多い。例えばAメロでAmから始まる場合キーはAmで、サビでCから始まる場合転調しないで(C=Amなので)マイナーからメジャーに移行する。例外としてF、G、Amと進む場合でこの場合キーはAmである。



















音楽の記号、符号、リズム符(click here)

テンポ1201分間に4分音符が120個入る速さで(0.5秒)
ト音記号渦巻きの中心がト(=G=ソ)の音に指定する。
ヘ音記号点の間がへ(=F=ファ)の音に指定する。
ダ・カ-ポはじめに戻る(1回)
ダ・セルニョ-セルニョ-マークに戻る。
to
このマークに2回目にきたとき
(ダ・セルニョー、や、ダ・カーポで戻ったとき
まで飛ぶ。
フォルティッティシモ最大限強く。
フォルテシモより強く。
フォルテ強く。
メゾフォルテやや強く。
メゾピアノやや静かに。
ピアノ静かに、やさしく。
ピアニシモより静かに。よりやさしく。
クレシエンドだんだん大きく。だんだん強く。
デクレシエンドだんだん小さく。だんだん弱く。
フォルテピアノアクセント+クレシエンド
4/4拍子小節を4つに区切り4分音符を元とし4個(4拍)で1小節とする。
2/4拍子4分音符2個(2拍)で1小節とする。
3/4拍子=6/8拍子4分音符3個(3拍)で1小節とする。=8分音符6個分で1小節(ワルツ)
7/8拍子8分音符7個(4分の4拍子より8分音符1個分少ない)で1小節とする
9/8拍子8分音符9個(4分の4拍子より8分音符1個分長い)で1小節とする
アンダンテ歩く早さで
adagio アダージョゆるやかに(TEMPO)
strigendoストリンジェンドだんだん早く
リタルダンドだんだん遅く(TEMPO)
全音符1小節分(4/4拍子で4拍)のばす。
全休符全 音符分休む。
付点2分音符2分音符×1.5=3拍伸ばす。
2分休符+4分休符3拍休む。
2分音符1小節の半分(4分の4拍子では2拍)のばす。
2分休符2分音符分休む。
4分音符1小節を4つに分ける長さ分のばす。
4分休符4分音符分休む。
8分音符1小節を8つ、4分音符を2つに分ける長さ分のばす。
8分休符8分音符分休む
付点4分音符4分音符×1.5=4分音符+8分音符=1拍半のばす。
付点4分休符1拍半休む。
16分音符1小節を16分、1拍を4分する
16分休符16分音符1つ分休む
付点8分音符8分音符×1.5=8分音符+16分音符=4分の3拍のばす。
付点8分休符付点8分音符分休む。
3連符1拍を3つに切る。=8分の6拍子で8分音符3つ分
2拍3連2拍(4分音符2個=2分音符1個)を3つに区切る。
2拍3連音符と休符交互に並べ3つに区切る。
6連符1拍を6個、8分音符を3つに区切る。
32分音符1小節を32分し、1拍を8分する。
9連符1拍を9分する。3連符を3分する
12連符1拍を12分し、16分音符を3分する。
スタッカート音を短く切る。アタック音のみ発する。
アクセントこのしるしがついている音符を最大で発する。アクセントをつける。
ブレス息継ぎ

環境や医術について(click here)

+1  +2  +3      -3  -2  -1  (安定)電子の数

H                            He K郭 2

Li Be B  C   N   O   F    Ne L郭 8

Na  Mg  Al  Si  P   S   Cl   Ar  M郭 8

K  Ca                            N郭 8

  • 上にある数字が電解したときに示すイオン指数、で右にあるのが一番外側にある電子郭に入る電子の数の最高値。
  • これらが判ると、H2O(水)は電気分解(実際には真水は電気は通さない、
  • 不純物が含まれはじめて通電する)するとH+ + OH-になるこの電解(イオン指数)が釣り合うように
  • 分子は結合する。偏ったものは、不安定で、炎や、熱を放ち、化学反応を起こしやすい。
  • そして、元素周期表の右に位置する希ガス元素は単体で安定するため、ネオン管やヘリウムガスなど質量の軽いものに使われる。
  • なぜ、安定するかというと一番外側の電子郭がいっぱいの為安定する。
  • そのひとつ手前だと7個しか電子がないため安定しようとしてマイナスに電化した、電子を1つ取り入れ-1になる。
  • 逆に一番左だと外郭に1個しか入っていないのでマイナスに電化した電子を1個放つ=プラスに電化した陽子の数が1個多くなる、
  • ため+1に電化する。

  • またH+イオンが酸で、OH-イオンがアルカリである。
  • 動物は有機化合物しか口にせず(ミネラルを除き)有機化合物は、
  • 6角形の分子構造をもつ物質で、例えば、酸でいえば塩酸(HCl)硫酸(H2So4)などは人間に触れるとやけどしてしまう。
  • これらは無機化合物=6角形の分子構造をもたないであるためで、雪の結晶も雨が空気中で氷になる過程で6角形に結晶する。
  • 食べられる酸(唾液、胃液を含む)はお酢=酢酸=H2COOHで炭水化物(炭素水素化合物)とH2CO3(炭酸)である。
  • 有機とは、植物が地表から吸い上げるミネラル(FeやAl、Ag、Mg、Au、Znなど)や水(H2O)と、
  • 空気中の二酸化炭素(CO2)を光(粒子)のショックで6角形にくみ上げる=光合成によって生み出される。
  • その植物を食する事により、栄養吸収され、そうして育ったのが、植物性タンパク質(でんぷん)と動物性たんぱく質=アミノ酸である。
  • また、食べ物の話をしているので、掘り下げると、味噌、酒、醤油、納豆、豆腐、チーズ、バター、ヨーグルト、パン、ピザ等は、
  • 有機化合物を、菌が食べたかす=発酵させたものである。
  • 有機化合物を食すると唾液と胃液で水に溶けやすくして、腸内の菌に分解させ腸の飛騨飛騨から吸収する。
  • その際に(菌が分解)発生する菌の排泄物が、栄養とガス(おならである)。


地球上のすべての粒子について


  • 地球上の粒子の種類について述べていくと、まず元素の中身である陽子(原子核)中性子(原子核)電子である。
  • これらは物質を構成するものの中で全てが持つ最も細かい粒子である。また光も粒子であり光線として扱われる。
  • 赤い線を赤線、赤よりも赤い線を赤外線(不可視)青い線を青線(紫の外の線)紫外線などという具合に虹のように見えるものには光線として扱い、
  • 見えないものを外線として扱う。黄色の外の線がX線とされる。

  • 光線は3種類の線(赤、青、緑)で構成される波で、波長の長さで可視化する色が決まる。
  • その三原色の濃淡と中間色の濃淡で、光の色が決まる。

  • また、その他に磁力線が存在し、これも粒子である。
  • (電磁波もこの一種)この粒子の特徴は見えないけれども、空気中の元素の原子核の回る電子の偏りによって、
  • 電化が、+と-に偏り、磁場を作る。電子レンジの仕組み(水分子だけを揺り動かす)でもある。

前置きはこれくらいにして


ヒトゲノムとその可能性とあり方について


  • まず遺伝子について、遺伝子とは女性的遺伝子(染色体X)と男性的遺伝子(染色体Y)
  • の二重の螺旋構造をもつもので男(XY)女(XX)をそれぞれ親から貰って生まれる。
  • 性別は卵子の中にY染色体があるかどうかで決まり、染色体の中に、遺伝情報として、
  • 神のデジタル信号(チミン、アデニン、シトシン、グアニン)で32ページに渡って描かれ、
  • 現在11番目のページ=アルツハイマー病について関係がある=脳神経だけが知られている。
  • このページのどこかの遺伝子を、例えばチミンを1つアデニンに変えるだけで直ってしまう。

  • 細胞分裂について、DNAヘリカーゼが、2重の螺旋をほどき、特定のページにRNAポリメラーゼが取り付き
  • チミンはアデニンと、アデニンはチミン(ウラシル)と、シトシンはグアニンと、グアニンはシトシンとしか結びつかないことを利用し、
  • ほどいた螺旋のついになるものを選び出し、メッセンジャーRNAを伸ばし、伸ばしたメッセンジャーRNAにリボソームが取り付き、3文字
  • UUU,UUA,UUC,UAGなどといったように、3ビットで読み、その文字列によって、RNA内に蓄えられているアミノ酸群の中から、特定のアミノ酸、を選び出し
  • 選ばれたアミノ酸の中に、開始符と終止符があり、その中身で、たんぱく質を作る。
  • その後、DNAヘリカーゼがすべての螺旋をほどいて、そこにDNAポリメラーゼが取り付いて、ついになったDNAを、一つは順目、
  • 一つは尺取虫のように岡崎フラグメントと呼ばれる特殊な、解読法で、DNAレプリケイション(DNAの複製)を行って、たんぱく質に入れます。
  • 免疫細胞は、免疫細胞のうち食細胞が味方の細胞も敵の細胞も食べ、
  • MHC抗原にそのかけらを貼り、ヘルパーT細胞がそのかけらをかぎとして錠前が開く
  • (ヘルパーT細胞は何種類もあって、開くのは認識されている特定の細胞ごとに違う)と敵と認識した場合、
  • 他の体の部位にいるT細胞とB細胞がキラー細胞が生み出す。
  • キラー細胞が敵と認識した細胞に穴をあけたんぱく質を流し込んで破裂させ垢になって排泄される。
  • また、がん細胞もDNAが破壊され正規の働きができなくなった細胞であり、
  • このヘルパーT細胞にがん細胞を敵と認識させることができればキラー細胞によってがん細胞だけを滅ぼすことが可能であり、
  • ほかの遺伝病やウィルスによる感染症も撲滅可能になる。
  • 遺伝病は遺伝情報の解明すなわちヒトゲノムそのものでその治療法
  • (どこかのページの例えばチミンをアデニンに変えるだけ)が解明されるだろう。
  • ウィルスによる感染症は、白血球=免疫細胞を強化することによって防ぐことができる。
  • これも、ヒトゲノムの解明によって成されるだろう。(DNAの血(白血球)のページ)


次にごみ処理問題について


  • 現在燃えるごみ(可燃ごみ)は燃し、不燃ごみは埋めるという処理方法だが、これは、大きな間違えである。
  • 生ごみは菌(バクテリア=悪玉菌、善玉菌は酵母や、イースト菌、乳酸菌、納豆菌など)
  • によって分解し土に返る(腐葉土)(この作用によって食べ物が腐るのである)。
  • そして、可燃ごみ(紙くずなど燃やしても有毒ガスの出ないもの)は燃やし、問題は不燃ごみである。

  • 不燃ごみについて述べていかなければならないのが、
  • ‘90後半に東京農大で発見された、ビニールを食べる=腐食させる菌の発見である。
  • この菌を、隔離(外にあると、プラスチックの物が、(腐るはずのないもの)腐ってしまうため)培養し、
  • 燃えないごみを分解させ土に返す。
  • 元来、プラスチック、ビニールは石油精製物質であり(恐竜の毛皮)有機化合物であるため、
  • 分解可能であり、菌の突然変異がなければ腐食させることはできなかった。
  • が、東京農大で裏庭に捨ててあったビニールが腐食しているのに気づいた研究員が学会に発表、ニュースになった。
  • 形あるものはみな土に返すのである。ダイオキシンもなくなる。

次に水質浄化システムである


  • これは、地下水ができる過程を利用する。
  • 一番最下層に細かい砂、その上に砂利、その上に玉砂利、その上に石と地層を作りそこに、汚水を通すとろ過されて、ミネラルウォーターができる。
  • 水は、無機物なので腐ることはなく、よく水を飲んで腹痛を起こすのは、
  • 水の中に生息する、大腸菌(O-157)やブドウ球菌、サルモネラ菌などが腸内で悪玉菌として活動
  • (食べ物を分解する過程で人体に悪影響をもたらすものに分解)するため、その防止策として、
  • 水道水にはカルキ=Cl(塩素の殺菌効果を利用したもの)が入っており、
  • 各家庭にある、ミネラルウォーターの仕組みは、このカルキを抜く作用のために行われる。
  • また洗剤、石鹸シャンプーなどの科学排水は、円心分離にかけその上ばみ液を取り除き水質浄化システムにかければよい。
  • 現在、地下水が飲めないのは、ダイオキシンその他によって土自体が汚れ、水質浄化できないためである。


次に地球温暖化からエネルギー問題、永久ライセンスについて。


  • 現在、火の恩恵にあやかっている人類は、二酸化炭素(CO2)を排出し続け、
  • 現在では、溢れかえる程の車の排気ガスで、地球は二酸化炭素(温室効果ガス)であふれている。
  • それは、自分お足で歩くことをやめた人間への神からの警告とも取れる。その効果が長年続いていくと、北極、南極の永久凍土が溶け出し陸地が消失し、
  • 地球の表面積×1mで1メートル上昇。それも、海面より上の部分が、である。
  • 温暖化により雲が大量発生、大雨(地球規模)が降り急激に冷やされ(太陽光線をさえぎることにより)氷河期が訪れ、生命は死に絶えるであろう。
  • 石油は燃やしてはいけない、石油は燃やさずに石油精製物質(プラスチック、ビニール)だけに使用し、
  • 燃料は、水素の燃焼=水素の酸化(燃焼というのは、炎を伴う激しい酸化現象)=水蒸気の作成を利用し液体水素-259℃を燃料とし
  • (ロケットは液体水素と液体酸素を積み、その燃焼エネルギーを地上に吹き付け飛ぶ仕組み)
  • エンジンに水素と空気の混合気を送り込み従来のエンジンシステムで使用するもので、
  • 液体水素は冷たいのでその取り扱いのみが懸念されるが、
  • 排出されるのは水蒸気だけで、水素がなくなったら、水を電気分解すればよい。
  • 水なら売るほどあるのが日本である。が、小学校のころできた、水の電気分解が現在できなくなっている。


  • 次に砂漠に雨をである。


    • まず雨のメカニズムについて、地表にある水滴が蒸発するためにはマイナスキロカロリー=周りの熱を奪う
    • (この応用によって夏道に水をまいたり、汗が発生したりする)が必要で、
    • 液体から気体に変わるときにマイナスキロカロリーが発生する。
    • それが、空気中で冷やされ光を反射するようになり、
    • 雲となる。雲は冷やしただけでは水滴にはならず=雨にはならず、
    • 窓が曇るのと同じで水蒸気が液体になるためには、
    • 他の媒体のショックが必要で、雲が雨になるには空気中のチリと結びついてそのショックで水滴となり降ってくる。
    • その原理を利用すれば砂漠に雨を降らすことも可能である。
    • それは、砂漠に大量の水をまき、
    • (水蒸気を発生させるだけでよい)雲を発生させ、
    • その上に飛行機で飛んでいって、ちりを蒔くだけでいい。
    • 雨が降れば後は、無機質(石を砕いた砂)化した砂を枯葉を蒔いて、腐葉土化させれば砂漠でなくなる。
    • 草木が芽吹けば土に水分が蓄えられ、雨も定期的に降るようになるだろう。


    電気のメカニズム


    • 電気とは電子の流れであり媒体を要する。
    • 媒体を要さないのが電波である。
    • 元素の中の原子核を回る電子が、
    • 隣の元素へと流れていく過程で抵抗値Ωが発生しその力が、発熱と光を生む。
    • 例えば水素を媒体にすると、Hから隣のHに電子を1個渡すと、
    • 電子がマイナスなので、電子1個の-1と陽子1個電子2個のH-になるこれを隣へ隣へと繰り返していくのが電気で、
    • 最初の水素に電子が戻らないと元素が破壊されたことと同じになり、電池の場合電池からこの電子が供給される一方通行の状態=直流である。
    • 交流の場合は電池がないので陽子1個電子1個のHが隣のHに電子を渡しH+とH-になる、
    • この動作をどんどん隣に移していく、ここで注意しなければならないのが最初のHに電子が戻らなければ、
    • 原子破壊と同じで原子爆発が起こってしまうということ。
    • そこで、Hは、となりのHに電子を渡しその隣の元素に同じ事をする、
    • H+とH-とHがH+とH+とH2-になるそして、抵抗値から熱と光を生んだあと、HとHとHに戻る、プラスとマイナスが交互に入れ替わる電流の仕組みを交流と呼ぶ。

    • また、鉛蓄電池について、希硫酸と電極に鉛を使った電池が鉛蓄電池で、H2O+H2SO4+2Znの構図になるが、
    • これがH2O+ZnSO4+(H2+)+(2-)になり、そのときの(2-)=電子2個が直流電流の電流となる。
    • また、これに通電すると鉛メッキとしての(金メッキの原理)Znと希硫酸=真水で薄めた硫酸に戻る。これが充電池(バッテリー)の仕組みである。

    • 補足として発電所のメカニズムだが、
    • 発電所では全てのエネルギー(火力(エンジン方式)風力(風車)水力(水車)原子力(エンジン)太陽光(風車(光も粒子なので風車に当てると回る))を回転力に変え、
    • タービンを回す(電池等から、コイルに微弱な電流を流し、コイルは超伝導体のため、電気抵抗が少ないが、隣り合った電子同志引っ張りあい、電気抵抗が発生し、磁性化する)
    • その周りを、風車からつながった、磁石の筒が回ることにより、通電を加速させる。これが発電。
    • 交流電流としてのみ発電可能である(1本線)これを直流に変えるにはアダプターが必要で、
    • これによって一方通行の電流に一瞬だけ変換され、元の交流電流に戻ってアダプターをとおって発電所に送り返される。
    • よって発電所は一たん発電したら止めることは許されず(原子爆発のため)発電しつづけなければならない。
    • =電子の流れを止めることはできない。止める事=発電所の爆発である。
    • 使おうが使うまいが電気は送られつづけ、その発電の諸経費と電気設備への投資費用の回収のため電気代が存在する。

    • 現在電気量(水でいえば蛇口)アンペア、電圧(水でいえばホースの太さ)ボルト、
    • で消費電力(上下水道の使用量)で料金が徴収されているが、
    • 電気設備の投資費用が回収されるにつれて、安くなっていくだろう。


    通信システムとモニター


    • 通信システムを語る前に、まずいっておかなければならないのは、音響設備についてである。
    • 音響とは音(空気(元素自体)の振動=Hz)をマイクと言うコイル状の電磁石の磁力で(S極N極の変化)電気の振動Hzに変換する(振動数=Hz)。
    • それをケーブルを伝ってアンプ(増幅装置)に送って微弱な電気振動を大きくし、
    • スピーカー=お皿の振動=空気の振動に戻すを行うのが音響システムである。

    • ここで、電波について話しておこう。空気を媒体とする電気(電子の流れ)で、振動と電気の量を伝達するものである。
    • 電子単体では決して飛ばず(単体で飛ぶ場合を放射能のβ波と呼ぶ為)空気の電子郭を媒体として進んでいくものである。
    • モニターについて、モニターの元祖は電光掲示板である。
    • ブラウン管は、電気の波の長さにより、光の波長を調整する、発行体=電球の角ばったもので、フィラメントのようなもので、
    • PALS、NTSC方式と、プラズマと進化。赤、青、緑とその中間色を、波長の長さで調節する方式と、
    • 液晶=色付きのセロハンを、バックライトで照らし、液晶で、結晶すると遮断で特定の色を遮断する方法=デジタル化に成功:透過するか否か。
    • 構成するドットは白と黒の点1個で、それがマスになって、ドットをいくつで、ピクセル化するか、ピクセルを構成するドット自体をどれだけ小さくするか
    • ピクセルなら青だけでも4つあるので青だけでも2個青をつける青と4つ青をつける青のように幅が広がり4×4倍のの発色数が表せる)
    • (実際コンピューターのモニターでも発色数1定の256ドット1ピクセルで、解像度をいじるとピクセルそのものが拡大縮小される。)
    • 上記のモニターに映像を映すには情報が必要で、左上から色指定(赤をいくつ、青をいくつ、黄色をいくつ、白をいくつ発光させるか(黒は黒い升の淵に感光する))
    • を1列ごとに(水平走査線)アナログでは波そのもの、デジタルでは(後述)0と1の指示の元画像にしていく。
    • 左端から、#000000から#ffffffまで、横一列に並べていく。
    • 音声は別送信である。(映像周波数(メガヘルツ)音声周波数(メガヘルツ))。
    • 音声は、コイルによって、空気の振動によってできた、陽子と電子の偏りによってできる、電磁場の波を、コイルで、フレミング左手の法則で
    • コイルに微弱な電流を流すと、発電で述べた通り、電気抵抗が発生し、磁性化する。そこに、空気の波が、磁界の波として、コイルに伝わり、
    • 電気の波に代わる。それを、ガラス管の中が真空の真空管に流すと、不純物のないガラスの振動が増幅され、電気の揺れが大きくなり
    • それを、フェライトマグネットもしくはネオジウムマグネットに通すと、大きく振動し、お皿をつけると、空気の振動となる。
    • デジタルはその揺れを、周波数と、時間、レベルの3要素を階段状にして、圧縮し、その階段のレベルを0と1であらわす。


    8ビットのIPの例

    • 電波法で守られている長波電波は、プラチナバンドと呼ばれる、数百メガヘルツの強い電波で、1000メガを超えると、高速だが、建物にさえぎられてしまう。そのためアンテナを増やした。
    • そこで携帯電話はというと、携帯電話の親会社がそれぞれいくつかの電波を電波法の元使用する許可を得る。
    • そうすると同じ電波を持つ携帯が何万と存在することになる。
    • そこで電話番号が登場する。ある携帯が電話をかけたとすると、その先の携帯は何万も存在することになる。
    • そこで受信機がわに電話番号の照会をする(そのためバッテリーを消費する)そして番号があったもののみに着信音を鳴らす命令を出す。
    • そうすると電話がかかる仕組みだ。そのとき周りに同じ電波を持つ携帯が通話状態にあると混線してしまう。
    • そのため携帯電話は、いくつかの受信可能周波数を持っておりこのバッティングを避けるため、電話会社(電話交換会社)が周波数切り替え命令を出す。
    • そのためよほど過密な通話状態にならない限り、受信(送信)可能になる。

    • ここで基本に立ち返り、電話交換機(電話交換手)の仕事について述べていこう。
    • 電話は、かける人がある特定の電話番号をまわしそれを日本電信電話公社で電話回線
    • (2Pで1Pが送信専用で1Pが受信専用の交流の電流をアナログの情報として送受信するものパルス、とデジタル=トーンがある)を通じて受信し電話番号を解読、
    • その電話番号の回線へとジャックをつなぎ合わせる(手動時)これをコンピューターで自動で行えるようにしたのが現行のシステムでNTTが管理している(元国家機関)
    • そして各電話会社につなぎその各電話会社とNTTの間に交わされている契約に基づき各種割引が実現した。


    宇宙科学概論について



    • まず、星の種類について、まず動かないもので燃えている=発光しているものとして恒星があり
    • その周りを惑星(恒星の衛星)と彗星(恒星の衛星)の3種類がある。また惑星の周りをまわる衛星がある。
    • 光を発生するのは燃えている恒星だけで他の星は(惑星、月、彗星)恒星の光を反射しているだけであり、
    • 太陽系であれば太陽のある方向=日の光のあたったところだけしか見えない。

    • また月について自転(転がるように回る)と公転(地球の衛星軌道をまわる)
    • があり地球の周りを例えば45度まわったときに、自転も45度するため、月は表=ウサギの持ちつき面しか見せない。
    • また、地球の表面や、木星土星の中(後述)以外ほとんど大気が存在せず、宇宙空間は絶対零度=カッシ零度=-293℃で、
    • 温度=熱=電子が回る事による電子の摩擦が存在しない死の世界である。
    • すべての物質が凍りつき少しのショックで、MOBIL1のCMのばらのように壊れてしまう。
    • 地表近くや、月面近くでないと温度がない。

    • また、恒星の最後について、燃え尽きて燃えカスが爆発すれば星雲となり、
    • 凝固して、また新たな星となるためにすべての物質を吸収し光を反射するものを白色Y星、光をも吸収してしまうものをブラックホールと呼ぶ。

    • 太陽について、太陽は水素と水素が核融合しコロナとなりヘリウムガス等を発生する。その他の不純物が黒点である。
    • 太陽系ができるとき太陽系には陽子1個電子1個の水素しか存在せず、そのガスがぶつかり合い核融合を起こしていろいろな元素となっていった。
    • そして重い元素は遠心力で遠のいてゆき、水素と酸素の塊である太陽が生まれた。
    • 太陽の核にはその時生まれたそれぞれの元素が有るが、核分裂によって水素と酸素が作られる。
    • また、遠心力で遠のいていった重い元素たちはその過程で衝突し結合=核融合や、分子形成をし惑星が生まれた。
    • そのガスがそのまま残ったのが地球、木星、土星で地球は地表と大気という層を持っているが、
    • 木星や土星はガスと氷が衛星のように回っていて、星の体積のほとんどがガスとチリのため質量は地球と変わらないかもしくは地球より少し重い程度で、
    • 木星の特徴は衛星(月)を4つ持っている。
    • また、土星の特徴は土星の輪で天王星は縦まわりの輪を持つ。
    • その輪の構成物もチリやガスや氷で衛星軌道を周回し、層をなしている。また彗星の尾っぽもガス、チリ、氷である。

    • 地球の大気について、地球は大気に守られている。
    • 隕石などが地球に落ちてきたときに、大気圏に突入したとたんに、大気との摩擦熱で燃え尽きてしまう。
    • よほど大きな隕石は、その燃えカスが地表まで達することがあるが、
    • 上空何万キロも離れたところから地球の引力に捕らえられ加速しつづけた隕石だから、
    • 10Cmの隕石が落ちたとしても何百mもの穴=月のクレーターになってしまう。
    • またアポロが帰ってこれなかったのもここに原因があり、
    • アポロ13号は偶然エンジントラブルに見舞われ月面着陸はできなかったものの、
    • つきの裏側をはじめてみた人類たちで、月の重力を利用して月の衛星軌道から地球の周回軌道に入り、
    • くるくるとゆっくり、衛星軌道を描きながら鋭角に大気圏に進入しないようにしたため、
    • 宇宙から初めて帰還した人々となった(地球を何周もしながら)。
    • また流れ星は、この隕石が燃える現象を肉眼で捕らえたものであり、
    • 彗星が接近したときなどに彗星の尾っぽが落ちてくるので予報できる。

    ハルマゲドン物語(click here)

    • 1999年8月、神々の不興にあった地球の人や動物に、嘘や悪口を言うと、絵になってしまう、という神々からの呪縛がかけられた。
    • 次々に、人が絵に変わっていく中、Noと呼ばれる少年は、嘘をつかないように働きかけた。
    • 運命は皮肉で、Noががんばればがんばるほど、ひとびとは怒り狂い、醜い言葉を口にしてしまう。
    • 犬や猫、ゴキブリさえも、Noに向かってほえた。
    • いつもNoにかかわった人が、赤や黄色や青などの色紙を切り抜いたような絵に変わっていく。
    • やがて、アルマゲドンの正体がNoではないかと人々や生き物に疑われ、Noをなじっては、絵に変わった。
    • そして、親兄弟までも、Noを殺そうとして、絵に変わった。
    • 地球上のすべてが絵に変わり、炎となった神々が、絵を燃やそうとしていた。
    • たった一人残ったNoは、神々に、
    • 「お前は正直だから生かしておく。ひとつだけ願い事をかなえてやる。」と言われ
    • 消え行く魂たちを救うには、それに見合う代価を支払う必要があることを魔法書でつきとめ、
    • Noは、嘘や秘密は誰にも得が生じない、一時的に人を幸せにできても、結局最後には人を傷つけることを知っていた。
    • そして、Noは、自分ひとりきりでは喜ぶことも、悲しむことも、笑うことも、楽しむこともできないことを思い知り、
    • たった一つの願い事を、世界のために使おうと思った。
    • Noは「自分の命と引き換えに、みんなを生き返らせてほしい。」と願った。
    • すると、世界は元通りになり、Noは本になった。
    • だがなぜ、世界が元通りになったか誰も知らなかった。ただ一人の女神アルテミスをのぞいては・・・。
    • 本の中で、泣きつかれたNoを哀れに思った女神アルテミスは、Noを本の中の地獄で鍛え、痛みを乗り越え、憎しみを乗り越え、怒りを乗り越え、神となる資格者とならせ、
    • 恋の神キューピッドに頼んで、永遠の恋の矢を、自分と、No、に撃ってもらった。
    • そして、そのことを知った、全知全能の神ゼウスにより、神の飲み物ネクタルを飲んで、神の一員となったNoは、その背中から鳥の羽が生え、
    • 女神アルテミスと天国で永遠に中むつまじく暮らしました。

    Love angel(click here)

    • 宇宙世紀1707年」、kuroは、スペースコロニー14号に住んでいた。
    • そんなおり、コロニーを守る、天使「あみ」は、kuroの人には見せない美しい心にひかれて、かげながら支え続けた。
    • 天使の「あみ」はコロニーの窓の外から、テレビの画面から、kuroを見ていた。そんなおり、縁結びの仕事をしていた「あみ」は、さやに逆向きに入っていた恋の矢で自分をキズつけてしまう、そして太郎との恋におちた。
    • あみは、コロニーの住人には、アイドルとして、テレビを通してだけ、あうことを許されていた。
    • kuroは、天使であり、アイドルの「あみ」が自分を見ていることに気づく。
    • kuroはうそが嫌いで、自分もうそをつけず、人とのかかわりをたってしまう。
    • そして大好きな「あみ」に自分の全てを文字にして、科学、音楽、雑学などを手紙として送る。
    • そんなkuroに、天使たちが気づき、太郎の所有権をめぐって争いが起きた
    • kuroが、それはもう献身的に「あみ」につくすので、「あみ」も献身的にkuroを助けた。
    • あみも天使たちも、恋の矢を自分に撃ち、kuroにも撃とうとしていた。
    • kuroを守りたい「あみ」は、仕事をやめ、kuroの守護霊となった。
    • 気を引きたい、天使たちは、あの手この手で、kuroの気を引こうとする。
    • kuroも、アイドル「あみ」が天使で、自分を守ってくれていることに気づく
    • kuroも「あみ」の献身的な、ご守護に、恋人に守られているような、安堵感を得て、誰にも開かない心を「あみ」に開いた。
    • そして、「あみ」に一生をささげ、自分の積んだ徳も全て、「あみ」にあげ、飲む打つ買うはしない、浮気もしない「あみ」がしろといってもしないと、誓った。
    • 「あみ」とkuroは、次々にほかの天使の矛盾を破し、
    • 大神「ゼウス」に許しをもらい、kuroは神の飲み物「ネクタル」を飲んで天子の羽が生え、「あみ」とkuroは結ばれた。
    • そして、末永く幸せに暮らした。

    インターネットプロトコル(click here)

    デジタルとは2進法で1と0のみで数値データをやり取りする。半導体(チップ)でマイナスだけ通し、通った時が1そうでないときが0で8BITのとき192は



    のように128×1+64×1+32×0+16×0+8×0+4×0+2×0+1×0で169なら10101001である。

    トランプ(click here)

    • スピード

    赤、黒に分け、相手の指定した色を互いにSHUFFLEする。カードを交換し上から4枚づつ場に並べる。相手との中間に一せいのせで右側に1枚めくり、場のカードがそのカードの隣の数字、7なら6と8のように続かせる。あいてが出したカードにも出すことができ。、つなげたカード分場に4枚までめくることができ、続く限り繰り返すことができる。続かなくなったら、またいっせいのせ。先に手札がなくなったほうの勝ち。

      ぶたのしっぽ

    人数分よりひとつ少なく消しゴムやあめなど握りやすいものを用意する。自分の好きな数字を指定し4枚そろえ、人数分の数字を決める。あとは一せいのせで馬場抜きの要領で隣から1枚引きペアになったら捨てる、手札がなくなったら消しゴムを奪う。消しゴムの取れなかった人の負け。しっぺされたりばつゲームをする。
    • 7並べ

    カードをSHUFFLEして均等にうえから1枚ずつ人数分に分け、手札を見る。7を持っている人は場に出し、ダイアの7をもっているひとがオナー。7をマークごとに縦に並べオナーから隣の数字を出していく。JOKERは出ていない数字の代わりをすることができ、6などを止めている人に無理やりださせることができる。パスは3回まで。パスを4回した人もしくは手札の残った人の負け。ばつゲーム。

    • セブンブリッジ

    カード7ならべみたいに人数分に分け、じゃんけんしてオナーを決める。右回りに順番が進行し、7は1枚でも場に出せる、あとは3枚続きや、3カードのみ場に出せる。7が出てる場合、それに続くカードは1枚で出せる。後は7並べの要領と麻雀の要領で場に出していく。手札の先になくなった人の勝ち。

    • 大富豪(大貧民)

    JOKERや白いカードを含めすべて人数分に割る。3が一番弱いカードでそこから数字の大きい順に強くなる。エースはキングよりも強く、2はエースよりも強い。JOKERや白いカードは2よりも強く。JOKER1枚は3の3カード(特例)で勝てる。じゃんけんでかったひが最初にカードを出すことができ、そのカードが1枚ならそれよりも強い1枚を、ペアなら強いペアを、3カードなら3カード、4カードなら4カードを出していく。場に出すカードの中で1番強い(ほかの人が手札を温存する場合も含む)カードを出した人からまた場に出す権利を得る。1番最初に手札のなくなった人が大富豪、次が富豪、次が平民(人数が多い場合平民の数が増える)、次が貧民、ビリが大貧民で、次のゲームの時、大貧民が大富豪に最強のカードといらないカードを2枚交換し、貧民と富豪が1枚交換する。地位の低い順に順番が回る。

    手術(click here)

    心臓の絵
    開胸手術とは、まず、皮膚にメスを入れ、大胸筋を切断しあばら骨をこじ開け、肺の奥にある(開胸の際に肺に穴を開けると呼吸が出来なくなる)臓器に達する。

    心臓は心筋でできており収縮している。また、心臓の心筋と癒着しているところに自律神経が脊髄からつながっている。

    全身の静脈が右心房と大静脈でつながり右心室へ逆止弁をとおり血流が流れ、ここから両方の肺につながる(肺動脈)。

    肺胞で二酸化炭素をすて酸素を取り込み、両肺から(肺静脈)左心房に戻り左心室から動脈として全身にまわる。

    心房は血を集めるところ、心室は送り出すところ。円錐上の弁の、はみ出した扉が、開いて血を心室に送り、逆流するときは、張り付いて閉まるびらん。

    ピンポン録音~著作権(click here)

    • アナログオープンテープのマスター音源はオーディオインターフェースによってCUBSISなどのステレオ音楽編集ソフトで、1曲づつWAV化されCD-Rに焼く。
    • 各トラックを再生しながら録音。マッピングし、イコライジングや、リバーブ(エコー消し)、でジタルリマスター。44.1KHz、16ビットで複数曲を1回で焼き閉じる。
    • このデータをプレスという方法で大量生産する。そのプレス時にシリアル番号が振られ、JASRACで管理する。

    • 著作権は相続され、JASRACは版権を管理する。著作権保有者本人であっても、登録枚数以上の増版はできない。増版する場合、別のアルバムとして登録する必要がある。

    • また個人使用に限って、複製が許可され(取り締まれない)、公の場に出すと、違法となる。また他人の著作物で商売すると、取り締まられる。レコード業界とレンタル、カラオケなど、
    • 一時もめたが、売り上げの数パーセントを支払うことで和解。著作権使用料の発生により、印税化された。また、一部レンタル禁止のコンテンツや、
    • コピーコントロールCDなどでプロテクションのかかっているものもある。また、オーケストラや学校、合唱団の歌うような、現在著作権保有者のいない楽曲、動揺などは、著作権フリーとなる
    • また、ユーチューブなどの団体は、著作権侵害のコンテンツが多いが、団体内で、ポリシーを持ち、取り締まりながら、違法コンテンツの使用許諾申請を身代わりする。
    • また、違法画像、や公序良俗に反するサイトは、映像倫理審査会、ビデオ倫理審査会が、巡回し、検索エンジン各社から、削除命令が出され、従わないものは、強制的に削除され、
    • 検索できなくなる。彼らの多くは絶頂に達すると、強制わいせつにもかかわらず、和姦扱いとする現行法を悪用し、口封じを図る。準強姦罪


    アナログモニター(click here)

    ブラウン管、液晶、プラズマと3種類あるが、すべて、映像を映し出す仕組みは同じである。
    それは、水平走査線と呼ばれるもので、左上から何色を映し出すか(アナログの場合波形(電波の+-)全体が情報で、
    tanθ=sinθ/cosθで仮にθをXという変数に置き換えると、Y=tanXの値一辺の長さを一定にし角度を-180から+180まで大入し、
    その関数noグラフ上のYの値がレベル(レセプション)と情報でXの値が時間で伝達しグラフにすると波になる。
    逆に波を関数に置き換えて情報化している。
    デジタルの場合、電子の流れている時(モールス信号のように)流れているとき(電子マイナスが隣の空気に移るとき)が1で流れないときが0で16文字(ファミコン、CD)以上で1つのデータを形成する。)
    を決める。地上波は各放送局から東京タワーまでぶっといケーブルでつながり東京タワーから電波を発信する。
    地方局やケーブルテレビはこの電波を受信し 放送する。
    衛星放送は地上のデータを通信衛星まで発信しそこから地上または他国の通信衛星まで電波を送信する。
    地上ではパラボラアンテナで受信するがチューナーがないと映らない。チューナーをONにするのは有料で行われる。
    音声周波数と映像周波数が分かれており、音声と映像を別々に受信しチューナーで周波数を合わせ映し出す。
    携帯電話やラジオ通信も同じ方式で、電波を使用する。

    ブラウン管は電球で電球の根元でレーザーで色を照射し画面になる。
    その原理は光の波長を、電気の波長に照らし合わせた、NTSC方式というPALS放送の進化形で、波長を、フィラメントや、その他の部品で操られるように作られている。

    液晶は通電すると発色する液体が入っており画面の内側からセロハンに光を当てるように光を当てる。
    液晶部分は通電すると、結晶化して、光を遮るものとなり、色で別れたドットを感光したり遮ったりする。
    その1ピクセルを何ドット(点)で発色するかで発色数と解像度が変化する。
    例えば、1ピクセル4ドットの場合同じ青でも4通り作れる中間色も点4つ分。16ドットの場合1ピクセルが大きくなるため解像度が下がる(画面がかくかくする)。

    プラズマの場合、発光ダイオードを使用し光そのものを生み出す。

    cooking一言メモ(click here)

    ハンバーグ

    • 玉葱の芽のところと根のところを切り落とします。皮を向きます。
    • 半分に切り完全に切らないように(下まで包丁がとおらないように)スライスします横方向はこれでいいです。
    • 90度回転させスライス(縦方向)するとみじん切りの出来上がり。
    • さらに細かくするにはこれをたたきます。
    • そして、挽肉350gと混ぜ塩大さじ1.5杯胡椒適量、醤油こさじ1ぱい、を入れ下味をつけます。
    • これに卵(全卵)を入れつぶすようにこねて、粘りが出たら形を整え、
    • 中火で中まで火がとおるようにひっくり返しながら焼きます。
    • 焼きあがったらお好みのソース(とんかつソース、デミグラスソース、おろし醤油、おろしポン酢)をかけて出来上がり。


    にら餃子

    • にらをみじん切りします。挽肉350gとあわせ塩大さじ1.5杯、胡椒適量、醤油こさじ1杯入れ粘りが出るまでこねます。
    • 市販の餃子の皮もしくは小麦粉を水で溶いてこねて伸ばしたもので包みます。
    • このとき皮を縦長(だ円)に使うのが秘訣。強火で皮にこげ色がつくまで焼きます。
    • そして水をいれふたをして蒸し焼きにします(中まで火がとおるように)。
    • やけたらフライ返しで焦げ目が上にくるように盛り付け、酢、醤油、ラー油を混ぜたたれをつけて召し上がります。


    簡単カレー

    • ジャガイモのかわをむき1cmくらいのスライスにし真中くらいの段を一番下にしスライスを重ねたものを二山作ります。
    • 長いほうを縦にし、真中に一本包丁を入れます。それを崩れないように横にし角切りにします。
    • にんじんをへたをとり皮を向いて縦に1本横に一本包丁を入れますそれをスライスしいちょう切り(5mm)にします。
    • たまねぎをスライスし、なべいっぱいに水を入れ、
    • 牛もしくは豚にくカレー・シチュー用もしくは切り落としをいれ火がとおるまで煮込みます水を足しながら。
    • 火が通ったら市販のカレーのもと(シチューのもとを入れるとシチューになる)を入れ(適量)とけたら出来上がり。
    • カレー粉の作り方、32種類のスパイスと小麦粉を焦げないようにフライパンで炒るだけ。
    • ホワイトソースの作り方、バターを溶かし小麦粉を一塊入れ牛乳でだまにならないように少しずつ溶きます。塩コショウで味付けして出来上がり。


    から揚げ・カツ・丼

    • から揚げは、市販のから揚げ粉をつけて20分置き、180度の油で10分間揚げるだけ。
    • から揚げ粉がない場合鳥のもも肉を醤油に一晩浸し小麦粉をつけて揚げる。
    • カツは豚のロース肉にとき卵を絡めて、パン粉(乾いたパンをおろしたもの)をさらに細かく手で砕き、ロース肉に絡めて揚げる。
    • 丼は醤油に上白糖を適量溶かし玉葱を引いた丼ようのパンにいれ具を入れとき卵を落としてふたをし、
    • 蒸し焼きにする。5分でできる。
    • この砂糖醤油の味付けはほとんどの日本料理に使われる。
    • これに水、みりん、料理酒などで肉じゃが、肉豆腐、柳川料理、うな重、やきとり(他にだしが必要)などができる。


    一言メモ

    • 焼肉などの韓国料理の味付けは唐辛子とごま油とコチュ醤。
    • 中華料理のあんかけなどは豆蛮醤と片栗粉。
    • 中華料理のとろみは片栗粉。ヨーロッパ料理のとろみは小麦粉。
    • ヨーロッパ料理のソースのベースはトマトの塩味ジャム=トマトソース。
    • コーンスターチ(乾燥とうもろこしを磨り潰したもの)を牛乳で溶いて塩胡椒クルトン(パンの端切れ)を乗せるとポタージュになる。
    • 粉吹き芋(ジャガイモをふかしたもの)を磨り潰しマヨネーズ出会えるとポテトサラダになる。
    • 粉吹き芋にホウ酸をいれて団子にするとゴキブリ退治用のホウ酸団子ができる。
    • マヨネーズは卵とお酢とサラダオイルをミキサーにかけたもの。
    • ドレッシングのベースはサラダオイルとお酢。


    お茶漬け

    • ご飯に、お茶と塩、具を乗せるだけ。


    楽器effecter(click here)

    空間系、とモジュレーション系、歪系とある。

    • 空間系はおもに残響音類で、空間の残響音を表現したREVERB、元の音を遅らせて繰り返すDELAYとあり、REVERBはHALL、ROOM、PLATEなどがある。DELAYは1分間にいくつ音を入れるかで、DELAYTIME240でテンポ120で8分音符の速さになる。

    • モジュレーション系は周波数を微妙にずらすもので、コーラスなどは元の音をそのままBYPASし周波数をずらした音を足す(2人でユニゾンしているように聞こえる)。元の音と倍音」を出すもの=オクタ-バー、声をサンプリングしてキーボードの音色にするボコーダー、スケールを入力し、長3度、短3度を操るボコーダーなどがある。

    • 歪系は基本的に、音を切れ切れに(出たり消えたりを短時間に繰り返す、何度も同じ音の頭を発音する)であり、OVERDRIVEはインプットレベルが10デシベル以上になり、音が割れる。DESTOTIONはイコライザーのトレブルとベースをブーストし音を割る。弦を2本以上いっぺんにひずませながら引くと、切れ切れに代わる代わるアルペジオの要領で(一瞬に)1つづつでるのでPOWERがでる。基本的に和音は出ない(交互に出る)。

    • あとは音質を調節するイコライザーでX軸(時間軸)Y軸(レベル)Z軸(周波数)のⅢ次元グラフであらわされるのが音で、山形や谷形をしている。そのある特定の周波数のレベルをいじるのがイコライザーである。

    • エフェクタ-は通常、ラック型かポータブルか分かれるが、ラック型は同じ寸法でさまざまな種類があり、ネジでラックにとめる方式で、ハードケースに入れて運ぶ。そして上下に重ねて組み立てる。ミキサーもハードケースに入れて数人がかりで運ばれる。それに比べ安価でアマチュアに多いのがポータブルエフェクタ-で、エフェクトボード(アタッシュケース方でふたの外れるもの)にマジックテープで貼り付けてフットペダルとして使う。また、アンプ側にもGAINやPREVOLなどの歪作成機能があり、マーシャルなどはこのGAINをフットスイッチでONOFFする。また、GAINを上げたうえにディストーションをかけるとハウリングを起こしやすくなるが、同時に音を伸ばすと倍音でハウリングを起こすいわゆるFEEDBACK現象が起こる。アンプのつまみはトレブル、ミドル、バスともにフルボリュームにする。現在では上記のエフェクトプラスコンプレッサー(LIMITTER)を含む総合エフェクタ-、MULTIEFEECTERなどが売られている。

    • Vo.Keyには空間系をかけミキサーのトレブルを上げる。

    • TONEがギター自身にあり、「あ」と「う」の発音のように周波数帯をいじる。WOWペダルやCRYBABY、VOICEWOWなど。また一定周波数帯だけ抜き出すFILTERなどがある。またボコーダーやフィルターの一種で音程をコンピューター内で変える装置もある

    • またコンピュータ作曲ソフトがあるが、それは人間の、創作性、創造性が失われ、音の羅列として音楽を捉えてしまう懸念がある。また、同じ機械でも創造性をもつものがMIDIで音源を使って、楽譜を書いたり演奏する感覚でジェネラルMIDI(世界統一規格)でどの機種でも同じ楽曲を再現可能にするもので、ウィンドウズメディアプレーヤーなどにもソフトシンセが組み込まれている。シンセサイザーとは音を加工するのではなく、音そのものを機械が作り出すものをいう。MIDIチャンネルをシーケンサー(発音指令)と音源の間で合わせ16チャンネルマルチティンバ-を再現するいわゆる16人いるのと同じ結果を生み出す。ただ10チャンネルはDrと決まっている。あとは音源側で設定する。レス送信機、受信機。ワイヤレスマイク(送信機)ワイヤレスマイク受信機。アナログ無線通信をつかった送受信機。受信機と、アンプもしくはミキサー間は有線。


    コンピューターグラフィック(合成)(click here)

    • CG合成において、被写体と、風景の合成で重要なのは、光と影。光源を一致させることで、空間を統一できる
    • カメラ前の特定の距離、例えば、5メートルの、被写体の大きさを、原点とし、その実寸の大きい小さいで距離を測る。
    • 角度cは90度、角度aが一定だとすると、原点-実寸=一辺の長さだから、tan a=sin a/cos aによって、距離が出せる。



    • 被写体をSHADE用にポリゴン化し、風景もポリゴン化するか、ポリゴンで書いておく。
    • Shadeでポリゴンを描くには、すべて閉じた線形上で書かなければならず、面でないと表面材質が貼れないため、レンダリングできない
    • また、被写体を人間にした場合、肌の質感を表現するため、細胞レベルで表面材質を変えないといけないため、むらのあるテクスチャを作る必要がある
    • 重なる線もすべて、閉じた線形上で重複させ、面ごとに、テクスチャと、表面材質を貼る。髪の毛のテクスチャ、バンブーと木目などの融合はすでに知られているが、
    • 肌は、単細胞としてレンダリングされてしまうため、無機質になってしまう。
    • また、無限遠光源と、室内灯では、明るさ、ルクスが、100倍くらい違う。
    • また、曇りと、晴れでも全然違う。また、Sadeでレンダリングする際、影も統一しなければなないため、光源を一致させる必要がある。


    core(click here)

    核燃料の処理の可能性
    • 核は現在、重金属であるアクチノイド(同位体を持つ)ウランとプルトニウムが単体で不安定なため
    • (電子の最外殻が満タンもしくはから出ないため)キセノンに核分裂して希ガス化する。
    • その初期の核分裂がアルファ崩壊。ヘリウム4元素を出す。

    • 次がベータ崩壊。これは、電子単体と陽電子単体(マイナスイオン、プラスイオン)を放つ。

    • 危険なのがガンマ崩壊。マイクロ波(低周波の電磁波)とX線、放射線を放つ。
    • X線を物を有機化合物を透過しかたいものだけに反射する。
    • 放射線は、リンパ球を壊し、細胞を破壊する。
    • またマイクロ波は、体を電子レンジでチンするのと同じ。

    • これらの原子核崩壊により、爆発的プラスキロカロリーを生じる。
    • このX線はレントゲン、放射線はがん治療に用いられる。

    • 中性子爆弾は臨界爆発による。
    • 爆発を悪用したもので、粒子加速器で高速にまわした、
    • 中性子もしくは、原子を、ウラン、プルトニウムにぶつけることで、
    • 原子核の、陽子、中性子がはじけて、隣の原子核を次々に連鎖反応的に破壊する臨界爆発。

    • 原子力発電では、この核分裂を制御しながら、
    • 熱だけを利用し、蒸気機関として、ピンフィールを回し、その先のタービンを回す。

    • タービンは、コイルに微弱な電流を流し、その周りを、磁石の筒が回る。
    • 電子は超伝導体のつながっている方向へは流れやすく、抵抗も少ないが、
    • 隣り合った、電流同志が引っ張り合い、電気抵抗が生まれる。
    • その電気抵抗により、フレミング左手の法則の次回の方向が生じ、
    • その周りをまわる磁石により、電流が高速化する。それが発電。

    • 水力も、火力も、風力も、タービンを回すエネルギー源。

    • 広島、長崎は、真夏の炎天下、やけどした、皮膚の下の、消毒が行き届かない、肉が腐って落ちた。
    • ほかには、破傷風など。放射線で被爆するのは、子供だけで、放射性でないヨウ素を取ることによって防げる。
    • またがん治療に用いられるので、放射線を被ばくとうたうと、がん患者は皆被曝している。


    ドライブ回転

    上図のようにドライブ回転(進行方向=右から左)
    の場合90度上側から真ん前が空気を押し、
    ほかは回転方向に空気を押し流し空気抵抗により落ちる。
    フォークは無回転でエアーポケットに吸い込まれ、
    気圧の谷に揺れて急速に失速し落ちる。
    カーブは縦のドライブ回転、カットボールは斜め、
    スライダーは横回転。シュートはスライダーの逆回転。
    打率=ヒット数÷総打席数
    ボールの回転が、空気を巻き込み、空気抵抗が上と下で、
    空気が通過する速度の差ができる。
    その力によっておちたり曲がったりする。

    英語(click here)

    • S=主語、V=述語、O=目的語、C=補語

    • 英語の場合

      • S~V~O~C  (第五文型)

      • 日本語の場合

      • S~O~C~V


    • 第一文型=S~V:何がどうした

    • 第二文型=S~V~C :何がどうしたどのように

    • 第三文型=S~V~O :何がどうした何を

    • 第四文型=S~V~O~O :何がどうしたなにをなにに

    • 第五文型=S~V~O~C :何がどうした何をどのように

    肯定文

    • S~V(~O~C):(EX):I am a boy.

    否定文

    • S~not~V~(O~C):(EX):I am not a boy.

    疑問文

    • (Do、Does、Are、Is、Am、Did、Was、Were)

    • などの代動詞~S~V~(O~C)

    • (EX):Am I a boy?

    • Do I love you?

    命令文

    • V~(O~C):(EX):Go there by now!



    • if~S~V~(O~C):(EX):If I am a boy, You are a girl.

    • 仮定法

      • 未来


      • If~S~現在形~(O~C):(EX):If I am a boy, You are a girl.

      • 現在


      • If~S~過去形~(O~C):(EX):If I was a boy, You were a girl.

      • 過去


      • If~S~過去分詞~(O~C):(EX):If I been a boy, You been a girl.


      関係代名詞

      文章を目的語や補語にする

    • 時~when=that
    • 場所~where=that
    • 事例~what=that
    • 理由~why=that
    • 方法~how


    • 仮主語
    • (EX):It was rain (when/that) I am waiting for.


    • so that can't
    • (EX):I am so young that I can’t be falling in love.
    • =I am too young to fall in love.


    • 付加疑問文

    • S~V~(O~C), (Be, Do) not~S
    • (EX):You love me, don’t you?


    • 5W1H


    • (EX):What is the job (that) you want to be?
    • 何処
    • (EX) :Where did you come from?
    • 何時
    • (EX):When is your birthday?
    • 何故
    • (EX):Why did you do it ?

    • (EX):Who are you?
    • どうする
    • (EX):How do you go by?
    • (どっち)
    • (EX):Which do you like me and him?


    • 感嘆文

    • what+形容詞~S~V:(EX):What a cute girl you are !

    • how +形容詞~S~V:(EX):How cute you are !


    • 現在進行形

    • S+V~ING(+O+C): (EX):I am going to the park.

    • 受動態

    • S+Be動詞+過去分詞+By+名詞:(EX):I am Loved by you.

    • 動名詞

    • 目的語として動詞の現在分詞形を使う:~すること」を/に
    • V+ing
    • To 不定詞:
    • 目的語としてto+動詞の原型を使う:「~すること/ため」を/に


    EXTRA、雑学、うんちく(click here)

    カメラ

    • 銀鉛写真は銀の塩基の化学反応
    • (光の粒子により反応する=光触媒)が電子の最外殻を満タンか空の状態で安定するため、
    • イオン化し水溶性電解質になっている。
    • その銀が波長の長さにより変わる銀の延期の種類別に感光すると還元され焼き付ける。
    • フィルムを現像する時赤外線の暗室で光に反応する現像液につけ赤青黄色の感光紙に感光し画像を焼き付ける。
    • デジカメは画像をデジタルで記憶する。
    • 読み込みは銀鉛と同じだが、メモリに残すところが違う。
    • 左上の画像が例えば4BITの場合0000、0001,0011、0111などのように0と1であらわす。
    • そして平面上の色が何色だったか画素数で記憶し、
    • プリンタのインクジェット(ジェット=吹き付け)によって点で画像が印刷される。
    • そのため拡大すると、一つ一つの点が大きくなるため、画質が落ちる。


    石鹸

    • 石鹸haオリーブオイルに苛性ソーダ(苛性=OH- ソーダ=NA+)を溶かしたもので、
    • シャンプー、石鹸、リンス、トリートメントなどは全部油(乳脂肪含む)からできている油のリムーバー。
    • 人間には油が必要である。5大栄養素、たんぱく質、炭水化物、白色野菜、緑黄色野菜、脂質である。
    • 油を取らないと、感想肌やパサパサの髪になる。


    • 漂白、殺菌、活性酸素(殺菌、漂白効果)塩素=Cl(殺菌、漂白効果)で塩素は衣類の漂白剤として使われる。
    • 一方活性酸素(O3=オゾン)のほうはオキシドール=H2O2や炭酸=H2CO3(洋名=ソーダ水)など消毒などに使われる。
    • (炭酸=ぺリエ(二酸化炭素と水に圧力を加え水に二酸化炭素を溶かしたもの、H2O+CO2=H2CO3))
    • これらを濃縮して髪の毛にかけると、かけた時間(反応時間)により色が変わる。
    • はじめ黒で少したつと光にすけると赤くなり、栗色金髪に変化する。
    • そこに、シャンプーしても落ちない絵の具(ヘアーマニキュア)を塗布する。
    • ヘアーカラーは髪の色素自体をいじる。
    • 髪も細胞なので体とつながっており、栄養状態のいい体にはいい髪質、オイルやコラーゲン(保湿成分)が運ばれていく。


    香り

    • 香りは有機化合物
    • (植物が土からH2Oを吸い上げ、空気中からCO2を吸い、ミトコンドリア(葉緑体=光触媒)でC6H12O6+3O2のブドウ糖に組替える。
    • それを動物が摂取したり、植物自体が光のないとき(夜)酸素を吸い成長するときにブドウ糖からいろいろな有機化合物=平面の腕の組織図で6角形の炭素=炭素結合、
    • 炭素=水素結合を生み出す。)、
    • エステル、エーテル、アルデヒト、エチレン、ビニール、プラスチック、パラベン、香料などの有機化合物があり、
    • その高分子がポリマー(ポリエステル、ポリエチレンなど)
    • 植物から抽出した匂い成分を調合(調香師)したり、有機化合物同士を混ぜ合わせて作る。
    • 体臭は汗の中の有機化合物をイソ吉菌が分解し発生する。
    • 口臭も虫歯菌が分解した有機化合物の匂いや胃袋の中身の匂いが香る。




    • 菌はアメーバから進化した超微粒子単細胞生物でバクテリア
    • (日常の生ものを腐食させる菌、で落葉樹などの葉っぱを分解して腐葉土にする)
    • やイースト菌(パン、ピザ、ぶどう酒、お酒類)、
    • ビール酵母(醗酵する過程で炭酸を精製、ビール、シャンパン)、
    • ブドウ球菌、大腸菌、納豆菌、各種ウィルスなどがある。


    糸・生地

    • 糸は毛糸(羊の毛を紡いだ(ねじり、よじり合わせ引っ張り出す)もの)
    • 綿糸(綿の花を紡いだもの)絹(繭をほぐして糸状にし、何本かよりあわせたもの)
    • (現在では、糸巻き器が存在する)、を縦糸、横糸に同じ糸を使い、縦糸を上糸、
    • 下糸、にわけその間に横糸を通し、上糸と下糸を逆にし横糸を返す。
    • (へドル=2枚そうこう)この際に、色の付いた糸でできるのは無地、
    • ストライプ、チェックで平織りではここまでが限界である。あとは刺繍かそめものである。


    商社

    • 商社はメーカー(企業)工場(企業)工場(個人企業)などから物を大量に仕入れて、
    • 小売業に安く卸す会社である。大量に物を扱うことにより工場の同じ物を作りつづけるという大量生産のためのコストダウンが図られ、
    • より安くものが出荷できる。商社はそこに純利益を上乗せし、小売店や販売業者に売却する。
    • 小売業者はそこに純利益を乗せて売却する。最終的に消費者の元へと渡る。
    • その純利益のことを中間マージンと呼ぶ。そして、大々的に、広報部が宣伝をし商品を広める。
    • その際テレビCMを制作し、テレビの番組の間に挟んでもらうため、
    • 30秒数十万円~数百万円でCM放映料を払うもしくは、
    • 番組制作費を出し、定額制のクライアント契約を出す。=スポンサー契約。


    guitar(click here)

    Cho.チョーキングフレットを抑えながら弦を押し上げたり、押し下げたりして音程を上げる。
    H.Cハーフチョーキング
    1H.C1音チョーキング
    2H.C2音チョーキング
    W.C/W.Uダブルチョーキング2本の弦の同じフレットを指2本でチョーキングや、3弦と2弦の2フレット下を押さえ3弦だけ
    チョーキングして同じ音程にする
    (2弦と1弦は3フレット下)。
    もしくは3弦と2弦の1フレット上を押さえ
    3げんだけチョーキング(2弦と1弦は同じフレット2本指)。
    C.Dチョークダウン。チョーキングからもどす。
    hハンマリングピッキング無しに左手の指で弦をたたいて押さえながら振動させる。
    pプリングピッキング無しに左手の指でフレットの放し際に、ひっぱって弾く。
    trトリルハンマリング、プリングの繰り返し。
    s./g.スライド/グリッサンドフレットを弦を押さえたままピッキング無しに移動し音程を変える。
    ・(音符についたスタッカート)Mute右手で弦の振動を止めながらピッキング。
    Harmハーモニクス5,7,12,などに軽く触れ、ピッキングとともに放す。
    Picking Harmピッキングハーモニクスフレットを押さえながら、チョーキングやビブラートをかけながら、ピッキングするポジションを考えながら、右手の親指のはらを軽く触れる。
    ~(vib)ビブラートチョークアップ、チョークダウンの繰り返し。
    ×スクラッチ/カッティングコードやフレットを押さえたまま浮かせて触れただけの状態で空ピッキング。カッティングはスクラッチと、コードを押さえるをおり交ぜる。
    アルペジオコードを単音、弦1本づつ、崩して引く。ピアノのアルペジオと同じ。
    ライトハンド右手の指で、ハンマリング、プリング。

    アルファベットの筆記体(click here)

    大文字



    小文字




    事件(click here)

    • 事件発生、警察官が調査、事情聴取する。裁判所に逮捕状を請求、事件の正否確認、尋問。警察から検察に事件が移り、保釈金を積んで保釈される、犯人にも人権があるため弁護人を選定、

    • いない場合は国選弁護人を選定、14歳未満は保護者の責任、未成年の場合は青少年保護条例適用。裁判開始、事件の検察側の事実確認、証人尋問、証人喚問、弁護側の証人尋問、証人喚問、

    • 検察側の論告求刑、弁護側の情状酌量の余地の肯定。結審。判決。警察から検事に移る際に書類送検裁判所に送られ、結審する場合がほとんどである。

    • 民事の場合法律違反を弁護士とともに裁判所に訴え、受理されなければ開廷しない。ほとんどの場合、被害者団体となるか泣き寝入り。

    • そのために労働基準監督所や消費者センターなど企業監督機関が業務改善命令権をもち存在する。

    飛距離を競うもの(click here)

    • ジャンプ競技(スキー、幅跳び、砲丸投げ、ハンマー投げ、槍投げ、野球のバッティングなどの飛距離を競うもの)は、
    • 前に進む力(180度)重力に逆らう力(90度)のつりあうところ(45度)で飛び出すと最長飛距離が出る。
    • スイングは右肩と左肩の真中が後ろ足から前足に銃身が動き出すところの真上におきそこが円の中心になるようにきれいに円を書く。
    • アフターインパクト(アッパースイング)が重要になる。あとはボールの当たり所。たたきつけるバッティングは高めの玉。


    環境問題(click here)

    オゾンホール
    • 1980年代問題になった。南極大陸の上空12000mで待機の最上層部のO3が、
    • エアコンや冷蔵庫などの通電すると冷却するガス「フロンガス」が大量に大気中にながれでた。
    • また、スプレー缶の中身にも使用された「フロンガス」。
    • これによりO3とフロンが結びついて、オゾンホールができた。
    • 大気圏上層部に活性酸素O3を噴霧すると修復できる。


    ダイオキシン
    • 埼玉県産のほうれん草から高濃度のダイオキシンが抽出され、
    • 人体にとって有害とにていされた。
    • 原因は産業廃棄物の不法投棄による地下水、土の汚染で、現代もほうれん草の出荷が少なくなっている。


    地球温暖化
    • 車が増えつづけたことによって、排気ガスも増えつづけた。
    • 高濃度の二酸化炭素(CO2)が空気中に排出され、大気中に二酸化炭素が充満した。
    • 二酸化炭素は熱を保つ性質があり地球の平均気温が上昇した。
    • そのため北極、南極の永久凍土が溶け海面が上昇すると懸念された。
    • が、実際、地球の表面積×1mで1メートルしか上昇しない。
    • 植物が日中二酸化炭素(CO2)と地中から水(H2O)を吸い上げ、
    • 光合成(ミトコンドリア=光触媒)によってブドウ糖(C6H12O6)等の有機化合物を生成し酸素を吐き出す為、
    • 植物が地球にやさしいことは知られているが、夜、植物はそのブドウ糖をつかって成長する為、酸素を吸い呼吸をして成長する。


    酸性雨、酸性湖
  • 車の大量生産で増えつづけた二酸化炭素(CO2)が水に溶け出し(H2CO3=炭酸)雨となったのが酸性雨で、湖に二酸化炭素が溶け出したのが酸性湖。


  • 狂牛病
    • 細胞核の染色体のDNAのデータ化を図ったヒトゲノム計画が完成したとし、
    • 羊の卵子から生きたクローンをうみっ出した為其の危険性が故に、悪疫として狂牛病が発生した。
    • これは神の人類への警告で、人類が、命の生産に携わってはならないというもの。
    • クローンは植物状態でのみ(魂と精神のない状態=肉体のみ)として生産可能で、そこに一切の意思はない。


    経済、経営組織論概略(click here)

    経済学には、基礎経済1、基礎経済2(マクロ)、基礎経済3(ミクロ)と経済法が存在するが、観点と演算方式が違うだけで、消費と流通、生産の中のお金の流れに関係する事柄である。

    戦後日本は、太平洋ベルト地帯に工場を作り、産出国となって、低コストで品質の高いものを作りつづけた。今の中国と同じ状況である(品質では大差)。

    そして、電化製品ならMADE IN JAPANとまでいいせしめ、日本産の車も安くて性能がいいと、対アメリカで黒字を出しつづけた。

    それに懸念を抱いたアメリカが関税をかけ圧力をかけ(ニューディール政策)、日本がさらに安くするという構図が続いた。

    高度成長時代である。現代日本は、さらに低コストにするために、部品を発展途上国や中国に依存し組み立てて、国内で消費して中間マージンで暮らしている。それゆえに景気が悪い。

    もう一度ALL OF MADE IN JAPANを目指すべきである。いま日本の資本(労働力)がアジア諸国に流れている。しかも日本と貿易することを目的としている。

    商品としてコスト(人件費)がかかるが国内でお金が回るようにするため、メーカー側が考える必要がある。全て日本で作らなければ、お金は逃げていく。

    インフレーション、物価が上昇し、収入に見合わなくなり景気が悪化する状態。GDPに見合う比率で造幣されているが、GDPよりも多い比率で僧兵された場合など

    結果的には労使間交渉により賃金のベースアップが行われ、国内の貨幣価値が下がる。

    デフレーション、はインフレと逆で賃金が上昇し、それに伴い物価が上昇する。これもまた貨幣価値を下げる。

    フォーディズムとはアメリカのフォード(カーメーカー)が家内制手工業主流だった工場を一変させるためベルトコンベアを導入し、流れ作業、完全分業体制を実施、

    大量生産の理念を打ち出した。また経営組織論の中核をなすのがリーダーシップ(頭脳)とオーソリティー(権威者)の異種同権である。

    この仕組みは日本の江戸時代、将軍と年寄りの間で成立しており、物事を動かすために発案(計算)する人と見直す(現場の立場を踏まえた上で、実現可能な案にする)ことをいう。

    keyboard,typing


    ローマ字入力


    A   あ     KA   か

    I   い     KI   き

    U   う     KU   く

    E   え     KE   け

    O   お     KO   こ



    SA   さ    TA   た

    SI   し    TI=CHI ち

    SU   す    TU=TSU つ

    SE   せ    TE   て

    SO   そ    TO   と



    NA   な    HA   は   FA   ふぁ

    NI   に    HI   ひ   FI   ふぃ

    NU   ぬ    FU   ふ         

    NE   ね    HE   へ   FE   ふぇ

    NO   の    HO   ほ   FO   ふぉ



    MA   ま    YA   や

    MI   み         

    MU   む    YU   ゆ

    ME   め         

    MO   も    YO   よ



    RA   ら    WA   わ

    RI   り         

    RU   る    WO   を

    RE   れ         

    RO   ろ    NN   ん



    XA=LA  ぁ    GA   が

    XI=LI  ぃ    GI   ぎ

    XU=LU  ぅ    GU   ぐ

    XE=LE  ぇ    GE   げ

    XO=LO  ぉ    GO   ご



    ZA   ざ    JA   じゃ

    ZI=JI  じ    JI   じ 

    ZU   ず    JU   じゅ

    ZE   ぜ    JE   じぇ

    ZO   ぞ    JO   じょ



    DA   だ    BA   ば    VA  ヴぁ

    DI   ぢ    BI   び    VI  ヴぃ

    DU   づ    BU   ぶ    VU  ヴ  

    DE   で    BE   べ    VE  ヴぇ

    DO   ど    BO   ぼ    VO  ヴぉ



    PA   ぱ    XYA   ゃ

    PI   ぴ          

    PU   ぷ    XYU   ゅ

    PE   ぺ          

    PO   ぽ    XYO   ょ



    KYA   きゃ    SYA   しゃ

    KYU   きゅ    SYU   しゅ

    KYO   きょ    SYO   しょ



    JA   じゃ    TYA   ちゃ

    JU   じゅ    TYU   ちゅ

    JO   じょ    TYO   ちょ



    HYA   ひゃ    PYA   ぴゃ   BYA   びゃ

    HYU   ひゅ    PYU   ぴゅ   BYU   びゅ

    HYO   ひょ    PYO   ぴょ   BYO   びょ



    MYA   みゃ    RYA   りゃ

    MYU   みゅ    RYU   りゅ

    MYO   みょ    RYO   りょ


    麻雀(役)(click here)

    麻雀

    じゃんけんをして勝った人がサイコロを振り、時計回りに数えた数のひとが出親。その人がサイコロを振って時計回りに数えた人の王牌から、サイコロの目数だけ、右から数えた山から初牌をつもる。12枚つもったら13枚目ちょんちょんで親だけ14枚になる。
    親が1枚捨ててスタートする。王牌の最後から3枚目をひっくり返し、ドラ表示牌にする。その牌の次の(9だったら1、東、だったら南がドラ)。で1枚引いて1枚捨てる。
    あがった時は最後のツモもしくはロンであがる。

    平和(ピンフ)

    123や456などの同じマーク(萬、ソウズ、ピンズ)で続き牌を12枚(4種類)頭(といつ)(同じモノ2枚)(自分の風牌と役牌を除く)で上がり、
    23、とか34、45、56、67、78などの聴牌でまち2面待ちであがるとこの役がつく、1はん

    たんやお
    3枚同じモノ(あんこ)や続き牌(しゅんつ)で14枚(頭を含む)をつくり、19字牌のない(端牌のない)手、1はん

    イーぺーコー

    112233や223344のように同じしゅんつが2個ある。1はん

    りゃんぺーこー

    イーぺーコーが二つある。3はん

    めんぜんちん(りーち)

    聴牌の時点で捨て牌を横にし、千点棒を置く。(役がなくても、これが役になるためあがれる)。1はん。

    ジュンチャン

    123や789、111、999など端牌だけで形成するたんやおと逆の役。3はん。

    チャンタ

    ジュンチャンに字牌を混ぜたもの。2はん

    ジュンイツ

    同じマーク、あんこやしゅんつだけであがる。4はん、マンガン

    ほんいつ

    ジュンイツに字牌を混ぜたもの。2はん。

    といとい

    ポンを繰り返し(誰かが捨てた牌をもらい1枚捨てる。あんこの場合は全員から鳴け(ポン)、しゅんつの場合は自分の左側からだけ鳴ける。(チー))であんこだけであがる。2はん。

    3あんこ

    鳴かないで、3種類あんこをそろえる(9枚)、あとしゅんつとあたま。2はん

    といとい3あんこ

    といといで1つだけあんこを鳴き、手持ちに3つあんこがあるとき。4はん=マンガン+。

    チートイツ

    頭だけ7種類集める。2はん。

    ホンイツチートイ

    同じマークだけで、チートイを作る。3はん+2はん。

    3色

    萬ず、ソウズ、ピンズ、で123、123、123などおなじしゅんつを作る。3はん。

    めんぴん

    リーチしてぴんふをあがる。1はん+1はん。

    めんたん

    リーチしてたんやおをあがる。1はん+1はん

    めんたんぴん

    1・9字牌なしでピンフをリーチしてあがる。1はん+1はん+1はん

    めんたんぴんいーぺーこー

    めんたんぴんのなかでイーぺーコーを作る。1はん+1はん+1はん+2はん=満願+1はん

    めんたんぴんさんしきいーぺーこー

    めんたんぴんのなかに三色といーぺ-こーがある。1はん+1はん+1はん+2はん+2はん=はねまん+1はん

    いっきつうかん

    123,456,789と同じマークで1~9までもつ。3はん

    字一色

    のあんこと頭のみ。13はん=やくまん。

    ダイスウシー

    東のあんこ、南のあんこ、西のあんこ、北のあんことあたま。13はん=やくまん。

    ショウスウシー

    東南西北をあんこ3つと頭でもちそのほか1面子を持つ。10はん=3倍まん。

    だいさんげん

    白発中のあんこを持つ。13はん=やくまん。

    しょうさんげん

    だいさんげんのうちいずれかが頭。10はん=3倍まん。

    すうあんこ

    鳴かないで、あんこが4つできる。(最後の1枚で4つ目のあんこができる)。13はん=やくまん。

    すうあんこたんき

    あんこが4つ完全な形で存在し、最後に頭を作る。15はん=ダブルやくまん。

    りゅういーそう

    ソウズのなかでも赤いもじのない牌だけで手を作る。13はん=やくまん。

    ちゅうれんぽうとう

    1112345678999と萬ずでもちその他1枚をもつ。前述の数字が最後に完成すると13はん。9面待ち15はん。

    国士無双

    壱萬、九萬、1そう、9そう、1ピン、9ピン東南西北白発中ともち、どれかひとつを頭としてもう一枚持つ。最後に13種類そろえば13はん、13面まちで15はん。



    点棒は1万点1本、5千点2本、千点4本、百点10本を配り、25000点からスタート。だが計算は30000点が原点でスタート時に20000点浮いている。最後半ちゃん(東1周、南1周、西には入らない)終わった時点でトップの人にトップ賞15000点プラス、2位の人に5000点プラスする。

    後付けなしの、食いたん、食いぴんなしが通常のルール。鳴いて役をつける場合に何かを鳴いてから、場の風、自分の風、白発中などの役牌を鳴いても焼くには数えられない。といといなど役がある場合は別。あとないて役を1はんだけ作ることは禁止、ちゃんたやジュンチャンは別。

    1はん=子供1000、親1500点、ろんした相手からもらう、ツモッタ場合は親500点、子300点。親がツモッタトキハ500点オール。2はん=2000点、親3000点、3はん=3900点、親5600点、満願=8000点、親12000点、羽満=12000点、親16000点、倍満=16000点、親=24000点、3倍満=24000点、親32000点、約万=32000点、親40000点、ダブルやくまん=40000点、親52000点、トリプルやくまん=52000点、親、64000点。

    千点であめ1個とか賭けるのは合法。千点10円とか千点50円、千点百円とか賭けると、いわゆる闇賭博、賭博法違反にあたる。雀荘などが取り締まられる場合このケースだ。またJRA、や競輪協会、等の認可を受けていないところで賭けをする、たとえば競馬のレースで、個人が元受になって、この馬にいくらとか賭けて、集まった収益を、買った人の人数で分けること、をやみ賭博と呼ぶ。

    赤富士(幻想)(click here)

    拉致被害者(click here)

    • 北朝鮮拉致被害とは、北朝鮮秘密工作員がその国の社会情勢や言葉、学問、文化を知るために、連れ去られた人のこと。隠ぺいする目的で地位や名誉を与え、帰国を遮る。
    • また、重鎮となる人物は死亡したなどとし、情報の漏えいも阻止している。その重鎮たちは、北朝鮮にいたいと願うため、日本には、死亡したと伝える場合が多い。
    • 彼らはそこにいたいと思うのは、日本に帰ると一般人だが、北朝鮮では地位の高い人となるためのゆえである。
    • の電波通信に長け、警察無線や、軍事無線、暗号傍受などに長けている。現在では世界各国。情報戦の様相を呈している。


    社会(六法)(click here)

  • 憲法:基本的人権、思想の自由、信教の自由、就労の自由、出版の自由、言論の自由、教育の義務、国家公務員について、武力放棄、国家公務員法について。公害についてなど
  • 刑法:殺人罪、殺人未遂罪、殺人教唆、殺人供与、自殺供与、供託殺人、委託殺人、共謀罪、暴力団対策法、破壊活動防止法、国家反逆罪、窃盗罪、家宅侵入罪、不法侵入罪、不法占拠 万引き、わいせつ供与、強制わいせつ、わいせつ物陳列罪、強姦、輪姦、公然わいせつ、風俗営業法(青少年育成条例:深夜のゲームセンターへの入りびたりの禁止、夜間のアルコールの販売の禁止=酒気帯び運転につながるため、午前0時以降の風俗店の営業禁止) 公序良俗に反する行為、銃刀法、指定暴力団、道路交通法(信号無視、車線規制違反、危険運転致死傷罪、一時停止違反、停止線オーバー、一方通行逆走、交通弱者保護義務、巻き込み確認違反、前方不注意、速度超過、整備不良(不正改造)、 駐停車禁止違反、車の保管場所違反、公道の不法占拠、)公務執行妨害、職務質問の権利、警官の国家権力の不法行使の禁止、民事不介入の法則、東京都迷惑防止条例ストーカー規制法。
  • 商法:肖像権、著作権、称号、商標、の尊守。
  • 労働法:週40時間、月100時間を超える残業の禁止、婦女子(子供含む)の深夜労働の禁止(厚生労働省の認可のある場合を除く)、労使間交渉の必然性の定め、不当労働、不当解雇、失業保険、所得税法、法人税法、消費税法の納税義務。
  • 独占禁止法:カルテル(商品価格を各社共同で釣り上げる価格カルテルなど、の自由競争の阻止に対する罰則)、トラスト:(会社が会社の経営を牛耳ってはならないという持ち株会社の設立禁止事項):コンツェルン(財閥の解体)。
  • 民法:喧嘩の量刑、事故、名誉棄損、家庭内の不法行為などの、過失割合の算定における、損害賠償請求権。と、示談交渉権=起訴しない=罪を問わなくする=金で解決


  • 水泳(click here)

    水泳は足で推進力を生み手で呼吸のタイミングを生み出す。平泳ぎでは蹴ったあとのけ伸びの状態が一番進み、手の掻きで上半身を水上に持ち上げる。

    手でかくのはできるだけ小さくし(腕が水の抵抗を生みけ伸びの状態からブレーキをかけることになるため)(呼吸する時の姿勢がブレーキになる=呼吸の回数を減らす)早くかく。

    蹴ったあとのスピードが60%~75%まで落ちるまで伸びる。大きなストライドで。クロールも手のかきはできるだけ少なく深く手をもぐりこませる。ボートのオールの要領で。

    背泳ぎもクロールと同じ。バタフライは平泳ぎと同じでけ伸びを取り入れるほうが早い。

    DNA

      再生医療
      元素の覚書

    • 元素は、電子の最外殻を満タンもしくは空になると安定する。安定するために電子を放ったり、もらったりして分子を形成する。もしくはイオン化する。

    • +1.+2.+3..4.-3.-2.-1..0
      H...................................He--K殻
      Li.Be..B..C..N..O..F..Ne--L殻
      Na.Mg.Al.Si..P..S.Cl.Ar--M殻
      K..Ca
    • 元素は電子の最外殻の数によって性質が似る。
    • 原子量は、原子番号と同じ量の陽子が原子量で、電子は重さに含まない。
    • K殻は2個、L殻.M殻.は8個、N.O.P.Q殻は18個で満タン。また元素単体で、電子殻を満たしている類を希ガスと呼ぶ。
    • また、陽子と同じ質量をもつ要素(粒子)中性子も存在する。
    • 元素内の陽子一個の+1の総数と、電子一個の-1の粒子の総数が等しく、
    • 電子殻を満たしたり空にするために、電子を渡したりもらったりしてイオン化(陽子の数より電子の数が多くなったたり少なくなったり)=電解する。
    • 金属などの超伝導体を流れる(隣の元素隣の元素へとわたす)電子の流れが電流。電気抵抗により熱と光と磁力(ちから)を生む。
    • そして、周期表の上段の数字に電化しイオン化する。
    • イオンは電解質で、水溶性電解質。水のH+イオンが酸、OH-がアルカリ。
    • 酸とアルカリを中和してできるのが、水と塩基。
    • 炭素-炭素結合や、炭素-水素結合のような、腕の組織図で6角形の機を持つ分子を、
    • 有機化合物、持たないものは無機質。ポリマー=高分子。
    • (エステル、エーテル、アルデヒト、エチレン、ビニール、アルコール、プラスチック、エタノール、パラベン、香料)
    • (ポリエステル、ポリエーテル、ポリエチレンなど)
    • 有機化合物:植物が地面からH2O、空気中からCO2を吸って、C6H12O6+3O2、を光触媒
    • (葉緑体、ミトコンドリア)によって作る。夜の間このブドウ糖をもとに酸素を吸って新しい分子に組み上げ成長する。
    • 植物を食べる動物、恐竜がバクテリアに分解された(腐った)のが石油。
    • 漢方薬:植物由来、動物由来。化学製剤:植物由来、動物由来、石油由来:成分抽出。化学繊維:石油由来。樹脂:植物由来。


    • 免疫細胞
    • 白血球のなかの、免疫細胞は、食細胞、T細胞、B細胞。
    • 食細胞の中のマクロファージは、味方の細胞も、敵の細胞も、何でも食べる。食べてそのかけらを、MHC抗原に張り付ける。それがその細胞情報のカギになる。
    • T細胞のの中に、ヘルパーT細胞という細胞が、特定の細胞のカギ(MHC抗原)にしか開かない錠前として取りつき、細胞を認識する
    • 敵の細胞を発見すると、体中のT細胞とB細胞が、キラー細胞をミサイルにして、患部に送り込み、キラー細胞が敵の細胞に穴をあけタンパク質を流し込んで破裂させる
    • 味方の細胞を敵と誤認すると、アナフィラキシーやアレルギーを引き起こし、味方の細胞をキラー細胞が壊す。炎症。
    • がん細胞を敵の細胞と認識できるヘルパーT細胞が作れれば、免疫でがんを倒せる。
    • 移植手術後の拒絶反応もこれによる。


    • 細胞分裂
      メッセンジャーRNA
      めっせんじゃーRNA



    • 細胞内の細胞核の中に、アミノ酸群を蓄えたRNAと、情報機関の染色体DNAがあり、DNAは、チミン、アデニン、シトシン、グアニンの4つの塩基で構成される
    • チミンはアデニン、アデニンはチミン、シトシンはグアニン、グアニンはシトシンとしか対にならない。
    • DNAの中の一部のページの部分を、DNAヘリカーゼが対をほどき、
    • DNAポリメラーゼ(制限酵素)が、ほどけた塩基に取り付き、その対になるものをメッセンジャーRNAとしてRNA内に伸ばす。(RNAの中ではチミンはウラシルに置き換わる)
    • そのRNAに、解読アミノ酸「リボソーム」が取りつき、3文字づつ読んでいく。
    • 「ウラシル、ウラシル、ウラシル」や「ウラシル、ウラシル、アデニン」や「アデニン、シトシン、グアニン」などのように。

    • 上図のように、開始符と終止符のついたアミノ酸が選ばれ、並べられていく。
    • コンピュータでいうところの、0と1が塩基、で文字がアミノ酸。
    • 並べた、アミノ酸をグシャッとすると、特定の種類のタンパク質になる。
    • メッセンジャーRNAの要領で、DNA、1本丸ごと複製し、対を岡崎フラグメント
    • *youtube[DNA replication](DNAポリメラーゼ(が逆方向についているため尺取虫のように逆に読んでいく)で複製し、
    • タンパク質のなかに入れ込むと細胞分裂完了
    • できた細胞の隣にはどの細胞が来て、何個で臓器になるかもDNAに書かれていて、細胞は作られるタンパク質の種類によって働きが違う。
    • 人間は口の粘膜の細胞をいくら培養しても、口の粘膜の細胞にしかならなかった。
    • が、IPS細胞の研究で、リセットするとなんにでもできる幹細胞を作ることができることを発見し、
    • あとは、できた細胞をどう並べるか、血管をどう作るか、神経の伝導体をどう並べるかなど。
    • 自分の細胞から作った臓器のクローンは、拒絶反応の心配なく移植できる。
    • またコツ細胞や神経細胞再生技術(神経細胞の中身=電線=水と塩(水溶性電解質:イオン)
    • を細胞の筒で包んだ伸縮可能な電線とシナプス(分枝線:トランス=分電盤、変圧器)
    • :(H+)+(OH-)+(Na+)+(Cl-)によって電流が生じ、通電する)
    • の細胞レベルでの縫合による電流の回復(切断されたり腐食した電線をつなぎなおす。:有機化合物の細胞の中の金属元素の並び。)
    • 毛細血管レベルの縫合と血流の回復:通常毛細血管は傷の縫合により自力で再生されるが、
    • 神経節は再生されない:毛細管現象により毛細血管は血を吸いすべての細胞に届けることができる)
    • により、切断された手足も甦る(細胞外マトリックスなど含む)。理論的には脳以外すべて取り換えられる。


    • 栄養
    • 人間の口にするほとんどのものは有機化合物で、タンパク質、炭水化物、ビタミン、ミネラルがあり
    • タンパク質は、RNAの中にアミノ酸を蓄え、
    • 炭水化物は、炭素を燃焼(酸化)させることによって、熱を生じ、体積が減るために、筋肉細胞として収縮する。
    • 神経の電気を塩水を媒体に各細胞に届けられ電流によって糖が分解されその炭素の酸化が促される。:エネルギー=熱量。*神経細胞:リンパ節を流れる電流
    • ビタミン、は細胞分裂を助成し、
    • ミネラルは無機質で、カルシウムは骨に、鉄分は赤血球になる。
    • 食物繊維は、便通を良くする。


    • *人間は咀嚼や胃の収縮、唾液、胃液、腸液で、食べたものを水に溶けやすくするが、タンパク質や糖、ビタミンなどの有機化合物は、腸内バクテリアが食べ、そのカスと酸を腸のひだで吸収する。人間にとって助けになる分解をする菌を善玉菌(納豆菌、乳酸菌、ヤクルト菌、ガゼイシロタ株など)、都合の悪い分解をする菌をばい菌[病原性大腸菌O-157、黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌ほか)と呼ぶ。善玉菌もばい菌もウィルスも、肉体も細胞(菌は単細胞)。


    • IPS細胞は一定時間かけて細胞の分裂をリセットし、何の細胞にもなれる細胞をつくる。
    • それは、DNAヘリカーゼが2重の螺旋をほどき、RNAポリメラーゼが取りつくDNAのページが制限されていたものを、すべてのページに取り付けるようにリセットしたもので、
    • 制限酵素(DNAヘリカーゼ)の酸に浸すことで、時間をおかずにリセットした(どのページにもポリメラーゼが取りつけるようにしたもの)STAP細胞。
    • ポリメラーゼが取りつく位置によって、読み込まれるメッセンジャーRNAの配列が変わり、3文字づつ読み込まれるリボソームで選ばれるアミノ酸のヘッダとフッタのある列が変わり、その配置によってできるタンパク質の種類が変わり、それがそれぞれの体の部位になる。
    • 口の粘膜の細胞をいくら培養しても口の粘膜の細胞しか作れなかったが、幹細胞になることによって、なんにでもなる。できた細胞の隣に何が来るか、血管、神経、細胞いくつで臓器になるかはこれから発見されるだろう

    貿易黒字(click here)

    貿易黒字とは、(普段:1$=¥150、円高:1$=¥110とする)円安のとき1ドルのものを仕入れると普段1ドル150円のものが1ドル110円で買える。

    それを定価で売る。また円高のとき110円のものが1ドルで売れるのに円安(普段)1ドルで150円の収入が得られることになる。

    同じ1ドルでも40円も違う。

    page top

    top page